洗 脳 の 解 除

                   洗脳とは

洗脳とは、以下の例(新人研修)のような原理によるもので、基本的な手順は以下の5つです。

1. 隔離:ターゲットを日常から引き離します。

大体、研修は泊まってやります。「どこかの施設で泊まりで…」とね。で、この施設がたいてい人里離れたところにあるといいます。当然外出禁止で、施設外に出られない状態で、連絡もダメです。また、携帯電話の持込禁止というのもあります。
食事もお風呂も睡眠も施設内。その会社の人間だけの環境で世間とは関係のない、純度100%の会社環境を作りあげています。


2. 鬱化:隔離して逃げられなくしてから、身体
      にも精神的にも弱らせます。


逃げられない環境、その会社の価値観以外に入ってこない環境を構築した上で、会社の価値観に染まっていないもの=新人の人格を否定します。そして体力的に精神的に弱らせていきます。
とにかく大声で、頭ごなしに怒鳴りつけるというのがこの時点での定番です。○○会社の場合だと「○○社員三誓暗唱」っていうのがそれにあたると思います。絶対に無理な課題を出して、それができないとなると怒鳴ります。実は課題が達成されたかどうかはどうでもよくて、怒鳴るのが目的なのです。「できなかった」という精神的な苦痛に、怒鳴るという直接的な精神的な苦痛をミックスするのです。
体力的な弱化を狙う場合の定番は長距離走です。土のうをかついでとか、むやみやたらに穴を掘らされるなど。運動させる目的などを伝えないのも効果的です。とにかく疲れさせます。レンジャー訓練に似ているプログラムが多いのもそういう理由なのです。
あとは寝させないのも効果的です。夜に非常召集をかけるとかして、体力回復を妨げるわけです。
人格を否定し、体力的に精神的に弱ったら洗脳の準備段階は完了です。要はここまでの段階で、その人の人なりを空っぽにしてしまいます。抜け殻のようにするのです。そうすれば、教え込みたい内容がスラスラ入っていくわけです。入れ物に物を入れたいのであれば、まずはその入れ物を空っぽにすることが必要になります。


3. 刷込:弱ったところで、洗脳する内容を記憶の
      中に埋め込みます。


はい、ここからが教え込むターンです。ここから企業の理念とか考え方とか、その企業にとっての善悪を叩き込みます。その善悪が一般社会とずれているかなんて気にしません。隔離されているので、それを違うと感じさせてくれる日常はそこにはないし、体力的に精神的にボロボロになっているので、「それはおかしい」と考える余力は残っていません。
最近では、ここまでの段階をふまずに、先ずは「瞑想」させます。瞑想することによって「変性意識状態」にさせてから、この刷り込みをやるのです。
先輩社員の成功談。自分も同じように頑張れば先輩のようになれる。先輩のようになるためにはどうすればいいのか。
そのロードマップを示せばいいのです。
「気合だ!」「努力だ!」「寝ずに頑張れ!」
理論はないし、怪しいもんだけれども、これが何故か効いてしまうのです。弱っている人間には特に効きます。


4. 安定:弱らせるのを止めて、刷込状態を安定さ
      せます。


そしてここで成功体験を与えます。別に大したことじゃなくてもいいのです。何か成功させ、その成功を褒めるのです。創業社長が登場して「よくやった!」と抱きしめるなんていうのも定番です。抱きしめられた人間にとっては、それが何よりも「受け入れられた」というご褒美になるし、その光景を見ていた他の人間にとっては、自分もそうなりたいという意識がはたらきます。冷静に考えればそんなの嬉しくないよということでも、ここまで洗脳の段階が進んでしまっていると、何故かとんでもないご褒美になってしまうのです。
研修の最後の夜、打ち上げの段階になって幹部たちが妙に優しくなってお酌をしたり、あるいは食事そのものがご馳走だったりします。あるいはお風呂で背中を流してくれたり、「ごめんな厳しくして」と謝ってきたりします。
目的を達成するとご褒美が待っているという関連付けをさせるわけです。


5. 強化:抜けないように、洗脳を強化します

洗脳を定着させるために、その会社の活動をさせます。いやおうなしにその会社の人間に染めるのです。
最近の定番は、クレジットカードとかポイントカードの加入者集めです。ノルマを与えて不達成者は鬱化からやり直しです。つまり再研修です。できた人はご褒美タイムなのです。
「会社のためになる活動が自分のためになる」と思い込ませたら洗脳は完成です。
ブラック企業の新人研修では、このプロセスを一気にやるのが基本です。脱落者が出ても気にしない。洗脳には合う・合わないがありますので、合わない人間をふるい落とします。どうせ内定時点での研修の場合、人件費が発生しないですからね。
雇用契約前に不適合者をはじき飛ばしておきたいのです。

洗脳とは、以下の原理によるもので、基本的な手段は以下の5つです。


隔離 ⇒ 人格破壊 ⇒ 刷り込み ⇒ ご褒美 ⇒ 日常化

理不尽な対応をしたり、不必要な活動をしたり、いちいち非論理的なことをするのにはわけがあるのです。


                 変性意識の形成

その一
変性意識とは非日常的な意識のことで、現実感を伴わない意識のことをいいます。
私たちは軽い変性意識を持つことは頻繁にあります。
たとえば、最後に主人公が死ぬという物語の映画があり、それを見て泣く人がいても不思議ではありません。映画の中の世界は非現実であり、本当に主人公が死ぬわけではないのにね。
このように、非実現的世界の中でも、私たちの心は揺れ動きますが、マインドコントロール・洗脳する側は、この変性意識をもっともっと応用させるテクニックを有していることが大変多くあります。
変性意識をもたらす大きな目的の一つは、潜在意識の書き換えをすることです。
私たちの生活の多くは、潜在意識に基づいています。例えば、私は高所恐怖症ですが、この恐怖症になるには、何らかの理由がありました。今となってはその理由は覚えていません。
しかし、幼い頃の、高いところでの強烈な経験が、ある種の潜在意識を形成し、自分を縛っていることは間違いありません。その結果、現在でも、ジェットコースターに乗ることができず、高層ビルの上方階に長居をすることができません。絶対に落ちないとわかっているのですが…。
このように、潜在意識が自分の潜在意識が自分の行動を縛るとしたら、潜在意識をマインドコントロール・洗脳する側の都合のいいものに変えてしまえば、相手を意のままに操れると考えられるでしょう。
そのために、高度なテクニックを利用して、相手の思考を書き換えます。


その二
人が第三者の変性意識をどのように変えるのかというと、それには様々な方法があり、また様々なテクニックが必要になります。
人の人格そのものを変えてしまうわけですから、そのテクニック習得は、容易なことではありません。変性意識の形成に使われるテクニックで最も一般的なものは、麻薬などの違法薬物や、催眠術です。
たとえばLSDと呼ばれる幻覚剤は、人間の感覚を超人的なものにする効果が絶大で、オウム真理教が儀式に使用していたことも有名です。
その効果の現れ方には、
・ 宇宙との一体感
・ 時空間の拡張した感覚
・ 万能感
などがあり、変性意識をもたらす過程、おもに変革期にLSDによる体験をすると、その影響は絶大なものになると言われています。
催眠は、私たちが思い描く「寝込む状態」とは違い、暗示にかかりやすい状態のことをいいます。
例えば、電車の中で揺られていると眠くなる人は多いと思いますが、その時の思考の幅は狭くなっており、自分をコントロールするには不十分といえます。ですから、潜在意識の赴くままにしか動くことはできません。
催眠状態をうまく作り出すことで、変性意識を形成しやすくなるということは、想像することができるでしょう。
ほかにも、人が変性意識を形成しやすい状態というものは様々にあります。
私たちもツボではありませんが、ある特定の部位にエネルギーを送りますとまもなく、変性意識状態に導くことはできます。






                洗脳の解除法

1. 二つの方法

洗脳を解除するためには、大きく分けて二つの方法があります。
本人と対決して議論で説得する「脱洗脳」という方法と、じっくり本人の話を聴いて自らが別の道を選択するのをサポートする「救出カウンセリング」という方法の二つです。
北朝鮮に拉致されていた蓮池薫さんを、お兄さんが一晩かけて説得し、洗脳を解いて日本にとどまらせたのは対決方式でした。これが「脱洗脳」です。うまくいけば即効性がありますが、反発されるケースもあり、そうなると相手は意地になるので難しい面があります。
これに対して傾聴を中心に据える「救出カウンセリング」は、信頼性をはぐくみながら相手に自分の道を選択させるので、時間はかかりますが手堅い方法です。そのために現在はこちらの手法が主流となっています。
私たちはクライアントさんの「魂」と「潜在意識」との対話型セッションになります。


2.四つのプロセス

カウンセリングのポイントは四つあります。
1. 受容と共感的理解により本人と信頼関係をつくる。
2. クライアントの中にある相矛盾する気持ち(両価的な気持ち)
   を明確化する。
3. 家族とのつながりを回復させる。
4. 自己価値を持てる(自己信頼の回復)ようにサポートする。



3. 信頼関係を築く

まず前提として抑えたいことは、クライアントさんが信じ拠りどころにしているものを最初から否定する態度で臨むと、クライアントさんはまず心を開いてくれないということです。それどころか自分の信じるものを守ろうとして防衛的になります。結果、もっと固くなり、冷静に事態を振り返ることができにくくなります。
そこで、私たちは、共感的でありつつ中立的な姿勢を保ちます。それによって「安心してありのままを話してもらう」ようにします。
裁かないで、あるがままの本人を、まず受け入れます。本人の信仰を裁かず、そうせざるを得ない事情や心境を、クライアントさんの立場に立って理解しようとします。これによって信頼関係を作っていきます。信頼関係の中で話していくうちに、クライアントさんは自分自身に何が起きたのかを、客観的に見つめることができるようになります。


4. 矛盾する二つの気持ちを語ります

最初はその宗教などのよい面を話すのみであっても、やがてネガティブな面についても語り始めます。自分が感じてきた違和感や嫌いな面、矛盾を感じたことなども話すようになるのです。こうして自分の中にある両方の気持ちを自覚するようになります。信仰などを続けるか、やめるかの両方で揺れる気持ちを話し手は味わいます。
ここで特に重要なことがあります。それは相反する気持ちが同居した「両価的」な心の状態を「明確な言葉」で表現して、それを受け止めていくということです。話し手が言った相矛盾する気持ちを、その両者をカウンセラーが「こういう気持ちがあるのですね」と確認していくことで、クライアントは自分で「両価的」な心の状態を自覚してゆくことになります。
ある宗教等を心の支えとして依存してきた人は、そこから離れていこうとするときは、必ず正反対の気持ちの間で揺れ動くことになります。依存を脱して自立を回復したい気持ちと、依存しないでは生きていけないという不安や自信のなさを覚えるのです。
この両方の気持ちを、十分に口に出して話してもらうことが重要です。一方に気持ちだけを口にして、宗教などをやめる決意を語ったとしても、抑圧されたもう一方に気持ちが膨らんでくると、簡単に決意はひっくり返ります。特に対決型の手法ではこのことがおきやすいため、それがしばしば失敗の原因になります。やはり、クライアントさんの中の「両価的」な気持ちと十分に向き合って、そのうえで自らがそれを克服するプロセスを踏まないと、後戻りしやすいということなのです。
今まで信じてきた宗教等から離れようかというとき、誰しも揺れ動く気持ちを味わうのは当たり前のことです。ですからこの段階では、「両方の気持ちがあるのを当然のこととして受け止めて、それぞれの気持ちが、いまはどの程度あるのかを聞き、それがそれぞれどういう気持ちであるのかを話してもらう」ことが大切です。
これを何度も繰り返していくうちに、それぞれの気持ちの「根底にあるもの」が、次第に見えてきます。「何が自分をそこにひきつけ、そこに縛り付けているのか。何に自分が支配されているのか。」それがだんだん明らかになってくるのです。
自分を縛り付けているものが心の中に秘められているうちは、なかなかそこから逃れることができません。しかし不思議なことに、一度口に出して自分を縛っているものの正体が見えてくると、支配する力は衰え始めます。
人はその思いの正体が自覚されていないと、その力には支配されやすいのです。ところが、正体を知ってしまうと、その力は次第に統御できるようになっていきます。


5.根底にある欲求とは

宗教等に依存する気持ちの根底にあるものは、多くの人に共通しています。多くの場合は「愛情やつながりを求める気持ち」と、「自分の存在や価値を認めてもらいたいという思い」が関わっています。「つながりへの欲求」と「自分の価値への欲求」です。これは人が誰しもが持っているものではないでしょうか。

6.家族とのつながりを回復する

「つながりへの欲求」では、家族との心のつながりを回復することが、特に重要になります。家族との心のつながりが回復されないと、また別のところに依存せざるを得なくなります。
家族とのつながり、そして信頼関係を回復させるためには、まず家族が本人の言い分や気持ちを受け止めることです。これが出発点になります。本人が十分に自分の気持ちを語り、それを家族に十分に受容され理解されると、今度は家族の気持ちを聞こうという姿勢が生まれてきます。
その時に家族が感じていることや心配していることを、冷静に伝えていきます。なによりも家族の変わらない愛情を伝え、どんな状況になっても、本人が一番大切であることを伝えます。
こうした機会を一定の間隔をおきながら繰り返し持つことで、家族の信頼関係は急速に戻り、それと同時に、今まで依存していた宗教への思いも色あせていくようになります。


7.自分の価値に自信を持たせる

またもう一つ必要になるのは、依存している世界以外で、自分の価値を確認できるようにすることです。知的能力や職業的技能を磨いて、社会で活躍できる場を広げることが必要になります。経済的に自立することは、非常に重要な要素となります。自分の力で誰かの役に立っていく、社会に役に立っている自分を確認していく。それが自分の価値への確信をもたらしてくれます。
そこまで行くには結構困難なことがありますが、それだけに乗り越えたときには確かな自信がうまれ、自分自身を「まんざらでもない」と思えるようになるのです。
自分の価値の確認という点では、もう一つ重要な視点があります。それは宗教によりどころを求める人は、えてして一般の人にはない鋭敏な心の感覚を持っていることが多いということです。それは霊的な感覚です。
宗教性が抑圧されてきた現代の日本社会では、鋭敏な心の感覚(霊的な感覚)を持つ人は、疎外感を強くもって育ちます。そういう他の人とは異なる感覚を持つことは、何かおかしいことのようにみなされて、よくないことのようにみなされがちだからです。彼らは「自分の感覚が尊重されない」「自分が受容されない」、そして「理解されない」という苦しみを味わって生きています。ですから彼らの疑問に答え、理論的な説明を与えてくれる心理学と、受容し共感的に理解してくれるカウンセラーが、必要となると思います。



                洗脳解除後の苦悩

マインドコントロール・洗脳の解除に成功しますと、一見一段落したように見えます。しかしある意味で、ここからが、本当の苦悩の始まりなのかもしれません。
マインドコントロール・洗脳から解放されたら、今度は自分の今までしてきたことや、自分をマインドコントロール・洗脳した人々に対する否定感情に苛まれることが多くなります。
そして、そういう時こそ、家族がしっかり支えてあげる必要があります。以下、最も可能性のある事柄についてあげてみます。


● 自己否定感情、悲観主義

今まで自分が費やしてきた時間や情熱が何の意味もなかったと否定したり、反社会的運動に参加してしまった自分を責めたり、またカルト集団に身を委ねてしまった自分に対して怒りや悲しみを覚え、苦しみます。

● 今後の自分に対する大きな不安

マインドコントロール・洗脳から解放された人は、新しい生活を始めていきます。そこでは、全てを再構築していかなくてはなりません。
それに対する適応力があるかどうか、人生を軌道に乗せ、普通に仕事をし、普通の幸せな時間をおくれるかどうか、大きな不安が襲いかかります。


● 依存心克服の困難

カルト教団に属していたならば、そこでは全てに明確なルールづけがされており、そのルールに従がうだけの生活をしていたものと思われます。
しかし、現実の世界では、全てを自分で決めていかなくてはなりません。それができず、朝パジャマから着替えて何を着るかすら、簡単に決められない状態も多いと聞きます。




             洗脳の解除 料金表

☆ 洗脳の解除  1回のセッション料    3,000円

☆ DSバイオレゾナンス・セラピーCD 

  生命の泉 心身浄化    A- 3   4,200円

  ひみこ・無償の愛     A- 4   4,200円

  月読 脳力活性      A-15   4,200円

  DS EMDR      A-16   4,200円

  意識・精神・感情・情緒  C- 8   4,200円

  神経系          C-14   4,200円

  脳            C-20⑩  4,200円

  ストレス         C-20⑮  4,200円


  5枚セット 心の病に勝つ SY-7  18,900円

☆  ソルフェジオ 愛の倍音周波数CD

  エネルギーの出入を良くする
  V-1 3,300円

  罪・トラウマ・恐怖・不安からの解放
  V-2 3,300円

  マイナスな状況からの回復、変容の促進
  V-3 3,300円

  DNA修復・理想への変換、奇跡、細胞の回復
  V-4 3,300円

  人とのつながり、関係の修復
  V-5 3,300円

  表現力の向上、問題の解決
  V-6 3,300円

  直感力の覚醒、目覚め、魂への帰還
  V-7 3,300円

  高次元、宇宙意識とつながる
  V-8 3,300円

  エネルギーの出入を良くする
  V-9 3,300円







【メインメニューへ】