DNA改修・修復

             D N A と は

DNAとは、RNAとともに遺伝物質であり、核酸のひとつです。私たちの体をつくるための設計図のような役割を持っています。遺伝に関わる成分として知られていますが、栄養成分として摂取することで、細胞の生まれ変わりを促進します。細胞の生まれ変わりを活発にして、若々しい体を保つために欠かすことのできない成分です。

● DNA(デオキシリボ核酸)とは

・ 基本情報

細胞核の中に存在し、生物生存のために遺伝情報を担うとともにたんぱく質の合成を指令している物質です。
人間の体に約60兆個も存在する細胞は、数ヶ月でほとんどすべての細胞が生まれ変わるといわれています。
私たちの体が健康でいられるのは、DNAが細胞の分裂をコントロールすることで古い細胞が排除されると同時に常に新しい細胞が生み出されているからです。
このような生命活動のもとになる細胞の材料は、たんぱく質(細胞を構成する主要成分)と核酸です。
たんぱく質は取り入れるとすぐに体の血や肉となるのではなく、酵素(取り入れた栄養を消化し、体に吸収する働きをもつたんぱく質)の働きによって消化・代謝され、アミノ酸へと分解されます。分解されたアミノ酸は、皮膚や爪、髪など様々な場所に必要に応じてたんぱく質に組み立て直されます。この組み立て作業を行うのが、核酸です。
人間の体において複雑で非常に重要な仕組みといえます。



・ DNAの歴史

1869年、スイスの生化学者ミーシェルが患者の包帯から膿を集め、白血球の中に含まれる高分子物質を細胞核の中から取り出しました。その後、鮭の白子やビール酵母、仔牛の胸腺からも同様の物質が発見され、1889年にそれが細胞核内の酸性物質であることから「核酸」と名付けられました。
DNAに関する研究は、遺伝子の本体という性質から、遺伝子工学の分野での研究がほとんどでした。
1962年、ワトソン・クリックという青年が、DNAが生命の基本であるという論文を発表しノーベル賞を手に入れ、世界中の学者が核酸に注目しました。
当時ほとんどの学者たちが、遺伝に関するDNAの研究に関心を持っていたために、栄養素としての働きが注目されることはありませんでした。古い栄養学では、DNAは他の栄養素から必要な分だけつくることができるので、食べ物から摂る必要はないと考えられていました。
しかし、腸間膜血栓症と呼ばれる病気で腸管を切除した患者にDNA・RNAを含む栄養素を与えたところ、免疫力が低下しにくくなったという結果が出ました。この研究結果が発表されて以来、DNAが栄養素として注目されるようになりました。



・DNAとRNA

DNAとRNAは共に細胞核内に存在する核酸ですが、その働きはそれぞれ異なっています。
DNAは、細胞ひとつひとつに存在する細胞核といわれる細胞の遺伝子情報の保存と伝達を行う部分に存在し、アミノ酸の組み合わせを決め、たんぱく質をつくり出す指令を行っています。
RNAは、DNAの情報に基づいてアミノ酸からたんぱく質を合成しています。つまり、DNAは遺伝情報をもつ設計士であり、RNAはその情報に従がって必要なたんぱく質を合成する大工の役割を担っています。
これらがうまく働くことによって、新しい細胞がつくられ、私たちは健康を保つことができます。
これら2つのうち、どちらか一方が不足してしまうことで細胞の生まれ変わりである新陳代謝がうまく行われず、老化を促進したり、疲れやすくなります。健康で若々しい体を保つためには、DNAとRNAの存在がとても大切です。




    エネルギーでDNAを改修・修復したり壊したりできる

エネルギーで気を細胞に入れれば、汚れたり傷ついたりしたDNAを修復したり、どうにも弱ってしまったり、暴走して修復できないようなDNAを壊したりすることができます。
このことは、今の日本の科学の考え方ではなかなか認めてくれない現象です。しかし中国では、このことについて外気功の研究がいくつも行われています。
エネルギー療法だけでも、そのような浄化効果があることが分かっています。
エネルギー療法に何故そのような力があるのか、厳密な理論は完成していません。
私たちは以下のように考えています。
DNAの二重螺旋が出来たり、DNAが働くには、水素結合という分子の結びつき方がかかわっていると考えます。水素結合というのは、分子の外側に出ている酸素、水素、窒素などが電子を介して電気的に隣の分子の酸素、水素、窒素などとくっついている状態をいいます。
これは、それぞれの分子の形によって、水素結合する相手はきちんと決まっていて、鍵と錠前の関係のように、決まった分子以外の分子とはくっつかないようになっています。
決まった相手とくっつくことで、遺伝情報は正しく伝えられるし、決まった生理作用が生まれます。さまざまな化学反応を助けている酵素やビタミンもアミノ酸も、ブドウ糖、コレステロールもすべて決まった相手と相互作用をしているわけですが、鍵穴や鍵にあたる分子に余計なものがくっつけば、相手と結びつくことが出来ません。余計なものが多ければ、その細胞の活力は失われます。それが汚れです。
これは、電子という非常に小さい世界の働きです。電子のような世界では、物は波(波動)でもあるし粒子でもあるという性質をもっていて量子と呼ばれています。
量子の持っている波動の共鳴現象が非常に大切で、エネルギー療法はこの共鳴現象に影響を与えているものと考えられるのです。
遺伝子は生命活動のすべてをつかさどっています。ですからDNAが、汚れたり、切れたり、組み違ったりすると、その細胞は弱ってしまうか、異常増殖を繰り返すようになってしまいます。これをきれいにしようというのが、エネルギー療法です。
DNAが働いて、たんぱく質を作ったり、細胞分裂が行われるときには、二重螺旋がほどけて、その部分で働きます。
たんぱく質を作るときには、解けた部分のDNAの配列の特定の場所(エンハンサーと呼ばれる場所)に遺伝子調整タンパクというものがくっつきます。これが遺伝子情報を転写のスタートを指示するRNAポリメラーゼというたんぱく質にくっつくと、そこから遺伝子が働くようになっています。多くの場合この場所から離れたところからたんぱく質を作る指示を出す遺伝子があり、DNA鎖は折れ曲がって、遺伝子調整タンパクがRNAポリメラーゼにくっつくようになっています。
つまり、遺伝子調整タンパクとRNAポリメラーゼがスイッチになっています。このスイッチが働いて、RNAが作られて、このRNAからたんぱく質が合成されます。
このように遺伝子情報を転写するとき、DNAに決まった物質がくっついたり離れたりしているのですが、これらは、水素結合という電気的な陰陽の働きあいによって行われています。
もし、決まった物質以外の不純物が細胞の中に入り込んで、DNAに水素結合して、例えば遺伝子調整タンパクにくっついてしまえば、それが邪魔して、スイッチが働かないで、目的のたんぱく質は作られなくなります。また、DNAの転写を誤ってガン細胞になることもあります。特に遺伝子のDNAの組み合わせが間違ってしまったものがガンです。例えば、悪性メラノマ腫肺ガンはDNAの第61番目のアミノ酸DNAコードが、膀胱ガンの場合は第21番のコードが間違っています。
このようにいろいろな問題を引き起こすのは不純物つまり汚れです。
汚れによっては、細胞が弱ってしまうかもしれないし、細胞が異常興奮して分裂を際限なく繰り返すかもしれません。
こういう汚れが毒と毒素なのです。
細胞の中で自然な状態では、DNAは折りたたまれています。汚れがその奥に入り込めば、なかなかそこから出て行きません。だから、汚れを取り除かなくてはいけません。
私たちは、その部位を刺激することで、そこの内臓などに刺激を与えて、その刺激によって汚れを落とします。
そして、洗剤となる「DSバイオレゾナンス・セラピーCD」を使用すればもっときれいに汚れを取り除くことが出来ます。





● 中国での研究

光量子療法と呼ばれるものがあります。エネルギー療法にはそれと同じ効果があるという研究があります。
紫外線(紫外線も光量子)は核酸やたんぱく質など生物大分子、特にDNAに吸収されやすいのですが、エネルギー療法もそれと似ている性質を持っています。
例えば、エネルギー療法を受けると、病毒をもつDNAは突然変異します。それでその細胞は死にます。DNA分子が、自分の複製能力を損なえば複製できません。そのことによって病毒となる細菌が死亡します。
エネルギー療法というのは不思議な働きがあって、自分の細胞のいいDNAは保護するけれども、外敵が入ると、そのDNAを殺すのです。
エネルギー療法の働きにはもう一つ不思議があります。
自分の細胞でもいい細胞は生かし、悪い細胞は殺すことです。
生かしも殺しもすることが、放射線などとは決定的に違うところでしょう。放射線は、善悪見境無く殺してしまいます。
生命エネルギーというのは陰陽のバランスが整っているからです。



・ エネルギー療法のガンに対する効果のメカニズムの研究

中国医学の立場からのガンに対する取り組みは真剣に行われています。その一つがエネルギー療法(癌消霊)です。
この治験霊でもわかりますが、ガンというのは、昔のように治らない病気ではなくて、かなりよく治る病の一つと考えられています。
だからといって、治らないことも事実のようです。
ここで、中国医学でのガンに対する一般的な考え方をお話します。

免疫や内分泌の機能が乱れたり、化学的刺激、あるいは物理的な刺激をうけるとDNAの構造と機能の変化がおこって悪性腫瘍を起こします。
1970年代に、ガンになった細胞の酵素が発見されました。RNAが作り出す病毒です。
RNAは、普通はDNAの遺伝情報を写し取って出来ます。そのRNAが、たんぱく質や酵素など体が必要とするさまざまな化学物質を作り出すことで、私たちの肉体も出来ているし、生命活動が営まれています。
これが、当たり前の細胞のDNAとRNAの関係です。
ところが、ガン細胞で発見されたRNAはDNAを作ってしまうのです。このDNAがその細胞の異常増殖を引き起こすのです。
RNAがDNAを作るという情報の逆もどりでガンになる異例の事態なのです。
また、DNAが、直接変化してガン細胞になることもあります。ガンの発生機序には、なかなか複雑な経緯があるのです。
人体は、物質代謝、エネルギー代謝、情報代謝を行っています。
その中で情報代謝は生体の機能を正常に維持する一番重要なコントロール作用を行っています。この情報がほかの二つの代謝、物質代謝とエネルギー代謝をコントロールします。人体の器官と器官の間は、あるいは細胞と細胞の間は、生命情報によって、コントロールされています。
先ほどお話しましたように、情報というものは、突き詰めると「エネルギー」です。
細胞のガン化は、DNAの遺伝情報の乱れです。



・ 「生命エネルギーによる抗ガン作用」の究明

1. 生命エネルギーがDNAを断裂する仮説

ガンになると自由基の濃度が高くなります。自由基というのは、日本でフリーラジカルとか活性酸素と呼ばれているものです。
これと金属イオンの複合作用によって、自由基に変化がおこります。
自由基の濃度が異常に高くなるとき、細胞の生化学代謝が乱れます。その結果細胞が異常に興奮して、ガン細胞になります。
2003年阪神タイガースが久しぶりにリーグ優勝を果たしました。その日、阪神ファンは興奮し、行動も荒っぽくなって、大勢の人が道頓堀に飛び込み死者まででました。これと同じように、ガン細胞は興奮して荒っぽい活動をするのです。
自由基の濃度を下げる抑制剤を入れると、ガンの細胞の発生を予防できます。日本で、坑酸化物質と呼ばれているものです。さまざまな自然の食品には、坑酸化物質が含まれていることは、みなさんご存知のことと思います。
細胞のなかの自由基は、常に変化しつつ反応し、DNAをかく乱するのです。
そこでエネルギー療法ですが、エネルギー療法で自由基を無害なものに変える働きがあります。
エネルギー療法の一つに丹田にエネルギーを集める法があります。丹田から経絡を通ってエネルギーが運行します。
生命エネルギーを運行すると、エネルギーがガンの組織や、ガン細胞のたんぱく質の自由基に作用をして、自由基の濃度を変化させます。
そのことでたんぱく質の空間構造に影響を与えます。その結果、ガン化した細胞の遺伝情報に影響を与えるたんぱく質の働きを変えることが出来るのです。
つまりエネルギー療法の生命エネルギーは、DNAの螺旋を断絶したり掃除をしてガン細胞の代謝を乱します。その結果、ガン細胞の成長を低下させることが出来るのです。
逆に、エネルギー療法は正常細胞に対しては代謝を早めて調整します。免疫力が強くなり、ガン細胞を攻撃します。
DNAがちょっとだけ異常がある場合はエネルギー療法でその遺伝子を修復しますし、大きく壊れている場合は、その細胞を破棄するように生命エネルギーは働きます。エネルギーの働きには、柔軟性があるのです。



2. 生命エネルギーがガン細胞の中の酵素を活性化する仮説

ガンは異常な形をした細胞集団の繁殖ですが、ガン細胞の繁殖で大量のエネルギーと栄養を消耗してしまいます。その結果、正常の組織が破壊され、毒素が出て、器官の機能が失われます。やがて、いろいろな場所に転移して死にいたります。
多くの実験による観察で、細胞分裂に関係する酵素が非常に活発に働くことでガン細胞が異常な繁殖をするということが分かっています。
酵素は、科学的に不安定な性質を持っています。たとえば、温度、PH、金属イオン、などの変化の影響をうけやすいのです。例えば、高温の温泉に入ってガン細胞の温度が38.2度以上になれば、ガン細胞が殺されてしまいます。
そういうことから、エネルギー療法でもガン細胞の酵素の働きを抑えられるに違いないという考え方でエネルギー療法の効果についての実験が行われています。
わたしたちは、エネルギー療法のほかにDSバイオソニック免疫活性療法として、氣導音と骨導音のコラボによる体温上昇法を開発しております。
その結果、次のようなことが分かりました。
エネルギー療法をすると、二酸化炭素をたくさん吐きます。それによって、血漿中(けっしょうちゅう)のHCO3-CO2のバランスが変わり、弱アルカリ性になります。
弱アルカリ性の環境では、ガン細胞の酵素の活性が抑制されます。その結果、ガン細胞の成長が遅れて正常細胞はガン細胞が出す毒素の悪影響を受けないことが分かりました。
別の幾つかの研究によると、細胞のDNAに働きかける酵素の活性が通常の細胞とは違う性質に変化するとガン細胞になります。逆にアデノシナーゼという酵素が働くと、ガン細胞の活性を抑えます。エネルギー療法は、このアデノシナーゼの濃度を高めることが分かりました。



3. 生命エネルギーが環状アデノシン三燐酸の濃度を高めて
   ガン細胞を抑圧する仮説


エネルギー療法をすると環状アデノシン三燐酸の濃度が高くなることが分かっています。
環状アデノシン三燐酸という物質は、赤血球以外のすべての細胞の中にあってDNAやRNAの活性をコントロールする物質です。そして環状アデノシン三燐酸の濃度が低くなると、ガン細胞が増えるのです。
エネルギー療法の実験では環状アデノシン三燐酸の濃度が増やされることが分かりました。
その結果、ガン細胞の分裂と繁殖が抑制されるのです。




        DNA改修・修復 料金表

☆ 1回のセッション料           3,000円

☆ DSバイオレゾナンス・セラピーCD

  指導霊、守護霊・命の玉    A-14 4,200円

  ビューティフル スキン&DNAレスタレイシャン
                 B- 3 4,200円

  ボディ ピュアリフィケイシャン
                 B- 8 4,200円
  
  ガンのハーモナイズ 術前   UP-1 4,200円
  
  ガンのハーモナイズ 術後   UP-2 4,200円

☆ ソルフェジオ 愛の倍音周波数CD

  DNA修復・理想への変換、奇跡、細胞の回復
                  V-4 3,300円







【メインメニューへ】